最近のトラックバック

« マウイ12日目 ② | トップページ | マウイ14日目 ① »

マウイ13日目

朝、目覚まし掛けて ホノルアに朝食抜きで 出かけた。

朝一の混雑のない時間に 乗ってしまおうと思って・・・・

ホノルアの駐車場に付くと、車は10台くらい。

暗いうちから、着替えて 崖を降りていくと だんだん

明るくなってきて セットは結構デカイ

雅ちゃんと、『崖前はちょっとやばそうなんで 岩前にするかーーー』

昨日と同じくらいのスウェルが来ている感じで、・・・

昨日より岩前が使えそうな感じなので 早めの勝負が大事だろう。

エントリーする前にしっかり体操し、緊張してパドルアウト・・・

とりあえず、全力でのパドル&ドルフィンで楽勝と思ったが、

セットを戴いているうちに エントリーした場所より後退して・・・・

岩横に出るのを断念して、2人いる崖前にスタンバイした。

すこしセット間隔はあるものの、緊張感たっぷりのサイズ。

崖前にスタンバイの最前列は5人 これなら乗れるかも

と思っているとセットが入りだし、ダブルはありそうなセットが

さらに奥からやってきた。これは僕がピークだ。

よし乗ろうと思ったら、もっと奥のディープなところから

水着のおねーちゃんがまさに乗ろうとして猛パドルして

ラインに入ってきた・・・・

次の瞬間、ロールと共に奈落に落ちていった

チャンス到来 全力パドルで盛りこぎだーーーーーー・・・

とても高い波の頂上からテイクオフし、長いスロープをダウンザライン

一瞬、アップスンしていくと、もりもりの掘れた頭半くらいの壁が

みるみる膨らんで 僕に襲い掛かってきて・・・・

やべー 一瞬でレイルを切り替え 逃げようと思ったが

半端ないパワーで激ごけさせられ、もの凄いパワーのスープに

飲み込まれた。やっぱホノルアの崖前は半端ねーーーーー

連続して、3本のパワフルスープをドルフィンした後 解放された

ゆったりとしたパドルで崖前のサーファーのいる所までアウトすると・・・

ローカルサーファーがビッグワン(大きな一本)が来てると叫んで

近くにいたサーファーと3人でアウトに猛烈パドル・・・・

するとダブルアップ以上のスウェルが目の前に来て・・・

これならいけると思ったが、インサイド側にいたサーファーに

もって行かれた。彼は、今日一のセットを物にしたに違いない

このサイズが来るとちょい やばいと思い、岩前に移動すると

すこし形は悪いものの、かなりレギュラーに突っ走れる。

怖いけど、楽しい。いったいどっち 緊張感がたまらない

何本かレギュラーを乗っているとさらにサイズアップしてきて・・・

やばいんじゃない って感じになってきた。

雅ちゃんと岩前でやっと出会って、『凄すぎる!やべー』・・・

雅ちゃん、一本レギュラー引っ掛けて行ったっきり、帰ってこない。

不安になって、僕も一本引っ掛けて上がると、もう崖の中腹で待っていた。

後で聞くと、一本乗ったら 出られなくなって・・・

上がっちゃったらしい。

僕が崖前で乗っているときに、より安全と思い

岩奥のポジションまで行っていたら、ありえないサイズの

パワフルモンスターが来て、カズマ6.3を捨てて深く潜ってかわして

それからは、怖くて怖くてたまらなかったようだ。

ホノルアはいつまで経っても 素晴らしいスウェルをもたらしてくれる。

切り立った壁ともの凄いスピードを感じさせてくれる。

そして僕達をいつも奮い立たせてくれる。そんなポイントである。

切り立った壁のようなスウェルをどう克服するか そこが問題だ

朝一サーフを終了して 崖奥からきたモンスターを

いとも簡単に乗りこなすローカルサーファー

シークエンス どうぞー

Dsc01036

ディープなチュービーゾーンを抜けてきてカットバック

Dsc01040

そしてまたチュービーゾーンをクリアして岩前を通過

Dsc01044

レイルを切り替え、加速させて・・・・

Dsc01048

Dsc01052

Dsc01056

Dsc01060

セクションを深いボトムターンでかわして・・・・

いやぁー みんな上手いですわぁー

崖前では、相変わらずサーファーが取り合っていた

Dsc01061

緊張感たっぷりの1時間ちょっと早めに上がって

フレミングビーチをチェックしてみると・・・

こんなコンディション

Dsc01088 

諦めて 朝食を食べにコンドミニアムへ・・・

Dsc01090

雅ちゃん、朝からビールで乾杯。リラックス~

緊張感から解き放たれて、のんびりとしたら、シークレットへ

今度は、二人だけの極楽サーフィン。セットは肩~

ちょっぴり風が吹いていて面は悪いが、ファンサーフ。

ドルフィンもぜんぜん大丈夫。途中で雅ちゃんの・・・・

ライトニングボルト6.7シングルフィンを借りて テイクオフ。

テイクオフが早く、板の重みを感じない素直なターンで どこまでも

パワーゾーンを走っていく。シングルフィンなのに乗りやすく、

ターンもキレル、想像以上に楽しい板だ。

使えるスウェルの範囲が広がる感じで、一本欲しくなってしまった

雅ちゃんが冗談交じりに『売ったろうかーーーーー』とふざけて・・・

楽しんで、何本も乗させてもらった。

お昼になる頃、急にビーチでサイレンが一帯に鳴り響き、

「ワァォォーーーーン」

過去に一度も聞いていないので何事が起きたのか

沖に二人でいると余計に不安になってくる・・・どうしよう

鮫が出たのかー、津波かーー なんていいながらパドルイン。

ビーチにいるお姉さんも『あれっ何の意味?』って聞いてきた。

特に何もなかったようで・・・風も吹いているので夜ご飯の

買出しに行こうと、タイムズへ車を走らせる。

今日も日差しがとても暖かい

日差しが日焼けした肌に痛いほどで なんか気持ちいい。

コンドミニアムへ帰る際に『寒い日本に帰りたくないなぁー』と雅ちゃん。

ランチした後、雅ちゃんは『プールサイドで読書してくるねー』 と

僕は、ブログし終わったら、テレビ見ながら 気を失っていました。

リラックスした時間を過ごして、午後のホノルアへ向かってみると

Dsc01095_2

サーファーは60人以上、明日の朝一に掛けることにして・・・

とりあえず、フレミングビーチもチェック

Dsc01105

すこしオンショアでバッド

雅ちゃんが、『カアナパリに連れてって』

っていうのでドライブしていく

1時間くらいのんびり散歩して帰ってきました~

夕飯は、雅ちゃんがチンジャオロース作ってくれました。

Dsc01109

もちろん 美味しかったよー。 グッド

シャワー浴びて出てきたら、雅ちゃん この通り

Dsc01111

小説読むパワーもなく、ダウン

明日の波浪予想は8~15 ft+ 

緊張感たっぷりのホノルアサーフだね~~~

おやすみなさい。

マウイ13日目(マウイ時間2月1日)

« マウイ12日目 ② | トップページ | マウイ14日目 ① »

サーフィン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マウイ13日目:

« マウイ12日目 ② | トップページ | マウイ14日目 ① »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ